Wi-Fiはどうやって使えるのか

現在では会社や自宅で無線でのインターネット接続が可能なWi-Fiを用いた仕組みが取り入れられている場面をよく見かけます。このWi-Fiでのインターネット接続を知られる前には、有線LANといって、インターネット接続ができるように業者に申し込んで回線工事をしてもらい、そこからケーブルを使って対応の機器に接続するという方法が主流であったと言われています。

この2つの方法はどちらかが必ず良いというわけではありません。こちらに関してはその方のインターネットの使用方法や、その周りの環境によって異なると言えます。家を中心に一定の場所でしか使わない場合があるでしょう。このような場合には、通信速度が比較的に安定している有線LANでのインターネット接続が適していると言えます。

一方、ケーブルやネットに接続したい機器が密集するのが嫌だと言う方は電波の届く範囲内ならどこでもつなげるWi-Fiによって接続することで、無線でのインターネットへの接続が可能になります。ここでは2つの接続の仕方の仕組みにどんな違いがあるのか紹介します。

無線に変換して使う

Wi-Fiを使ってはいるが、いざどんな仕組みでインターネットの接続ができているのかと聞かれると分からないと答える方も少なくありません。Wi-Fiさえあればパソコンなどの機器でインターネット接続ができるという認識があると聞きます。しかし、インターネットを使うためには電波を受信するルーターの他に、電波を発信するための回線を用意する必要があるのです。

元々は有線LANでの接続と言って、選択した会社で回線工事を行いパソコンなどについているLANケーブル専用の差込口にケーブルを指してインターネットへ接続する方法が主流であったとされています。この方法で複数の機器につなぐ場合は、複数の機器をつなげる用のケーブルが別に必要になるでしょう。

反対にWi-Fiとインターネットに接続可能となっている機器へ無線で接続する方法が存在します。したがって、無線LAN対応のパソコンやプリンターなど対応できるものであれば、回線からつなぐケーブルがなくとも、インターネットに接続することができるようになるのです。ちなみにこのWi-Fiと呼ばれるものは、特定の条件を満たしたものがこのように呼ばれます。

有線から無線に変える

我が家では現在有線LANでインターネットにつなげているという家庭も多いです。このような場合ケーブルを利用して回線からつないでいるため、ここから無線LANであるWi-Fiに変えることはできないと思っている方も少なくありません。しかし、場合によってはWi-Fiに変えることもできるのです。ケーブルがなくとも接続が可能なWi-Fiの場合のインターネットへの接続の仕組みは、有線LANで受信していた電波を無線に変換してインターネット接続を可能とします。

パソコンしたがってインターネットが使えるように回線工事をしているのであればルーターで電波を受信して、線がなくともインターネットにつなぐことができます。線を用いない接続方法のため、生まれるメリットがいくつか存在します。それが複数の機器でネットが使えるようになるケーブルを用意しなくとも色んな機器を繋げられるところです。例えば、パソコンの他に印刷するためのプリンターに線を使わず同時につなげられるのは見た目もすっきりして便利な方法なのではないでしょうか。

反対に有線でインターネットに接続する方が線を用いた電波の主人となるため、電波が干渉されにくくなります。そのため、こちらの方法は比較的安定してインターネット接続ができると言われていました。ところがケーブルを用いたネットへの接続方法は、パソコンなどのネット接続可能な機器とつなげる際にケーブルが必要となるため、どうしても線が邪魔になるということもあったと言えます。ここで回線と無線でインターネット接続を可能にするルーターを使うことでこの悩みは解決できるのではないでしょうか。

電波が届く範囲で使える

有線LANを使った接続の場合は、パソコンの他にプリンターなど周辺機器を同時にインターネットに使うために上記でも紹介した専用のケーブルが必要になってきます。加えて、そのケーブルをつなげる範囲でないと使えません。したがって、ネット接続が必要となる機器が1つの場所に集中することとなり、散らかって見えると困っている方もいます。

この場合、複数の線で繋ぐことによって、そこにもほこりが溜まりやすくなります。ところが機器とケーブルが密集しているため掃除もしづらいというのが、有線LANでの接続方法の欠点の1つであるという方もいるでしょう。有線LANでの接続以外にご存知ない方は長い間、この悩みを放置している場合もあります。実際にはインターネット接続を可能とする回線さえあれば、ルーターを用意して無線であるWi-Fiでのネット接続ができるようになります。

例の1つとして、回線からの電波を拾うためのケーブルが原因で散らかって見えたり、掃除がしづらいなどがお悩みの方はWi-Fi接続できるようにルーターを用意することをおすすめです。また、インターネット接続の仕組みを無線にすることによって得られるメリットはこれだけではありません。

Wi-Fiでインターネット接続が可能になるということは、家の中な接続可能な範囲であればどこでもタブレットなどの機器でインターネット接続ができるようなります。したがって、機器をケーブルでつなげるようにわざわざ密集させなくてもよくなると言えるでしょう。

まとめ

パソコンやタブレットをインターネットに接続するためには、つなげるように単体使えるルーターを用意するか、回線を用意するかどちらかの方法になるのではないでしょうか。インターネット接続を可能にするために欠かせない電波の発信源を受信するためにはい有線LANで接続する場合であっても、ルーターを用意して無線で接続する際にも必要なります。

この方法のうち有線で機器に接続する場合には電波を受信する際に、外部から電波への干渉の可能性が少ないこともあります。そのため比較的安定してインターネット接続が可能になると言われているのです。家の特定の場所でしかネットの接続は行わないという方や、安定した接続を必要としている方は有線での接続を選ぶと良いのではないでしょうか。

有線とは違い、回線から発信される電波をルーターによって無線でネット接続可能にするのがWi-Fiの接続の仕方の仕組みになります。この方法は、ネットにつなげたい機器を密集させたくない場合や、ケーブルを使えない機器を利用する場合にとても便利な方法です。したがって、ネット接続の際には自分がこれから接続する予定の環境を確認するようにしましょう。